• 近鉄新大宮駅より徒歩1分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-324-575

受付時間9:00~19:00(土日祝は要相談)

相続が発生したら知っておきたい基礎知識!

「相続」というものは人生においてそう何度も経験するようなものではありません。

そのため、いざ相続が発生した時に「何をしたらいいのかわからない!」「でも誰に聞いたらいいのかもわからない!」といったような思いを持つ方がほとんどです。

ということで、本ページでは相続にあたって最低限必要な知識を解説していきます。

まずは最低限必要な知識をつけて、今後の相続に備えて行動できるようになっていきましょう。

相続でまず知っておくべきこと

まず必ず気を付けておきたい注意点が一つあります。

それは、相続において最もトラブルが発生しやすいのは「遺産相続」であるということです。

遺産相続の際に親族間で相続争いが発生し、もともと仲良しで知られていた家族にひびが入るということも決して珍しい話ではないのです。

しかし、こうした「遺産相続」に関連したトラブルはどれもだいたい同じようなポイントでトラブルに発展しています。

このトラブルに陥りがちなポイントを押さえておくことで、早い段階で適切に対処することで相続紛争を避けることができます。

次の章ではそのトラブルに陥りがちなポイントを解説してまいります。

遺産相続のトラブルポイント三選

遺産相続でトラブルが発生するのは主に以下の三つのポイントになります。

それは、遺産を「誰に(相続人)」「何を(相続財産)」「どれだけ(相続割合)」分けるかという三つのポイントです。

本ページでは各ポイントについて簡単に紹介しています。まずはこのページでざっくりとトラブルポイントを把握していきましょう。

それぞれの項目について、詳しいコラムページの紹介も付けておきましたので、詳しく知りたい方はそちらの記事をご覧ください!

1.誰に(相続人)

一番初めに出てくるのが、誰が相続人になるのか、つまり誰が遺産を受け取る権利を持つのかという問題です。

基本的には、亡くなった方と血縁関係にあり、なおかつ法定相続人と認められる親族関係にある人は全員相続人として扱われます。

親族だからと言って遠い親戚でも相続人になれるというわけではありませんし、逆に遺言がある場合には血縁のある者以外が相続人に追加されることもあります。

この相続人の確定のためには、遺言の有無の確認被相続人(亡くなった方)の一生涯分の戸籍を集める必要があります。

ここで相続人をきちんと確定させておかないと、後々遺産分割協議に漏れてしまった相続人から訴訟を起こされるといったリスクがありますので必ず相続人の確定は行いましょう。

また、先ほど少し触れた「法定相続人」というものも少しわかりずらい者となっています。

この法定相続人に関する誤った知識を元に相続を行ったがために、理想の相続が達成できなかったり、思わぬ相続人の出現によりもらえる遺産が減ってしまったりというケースもあります。

戸籍収集や法定相続人について詳しくは以下ページへ

『戸籍収集はこんなに大変です』はこちら>>

『法定相続と相続人について司法書士が解説!』はこちら>>

2.何を(相続財産)

次に出てくるのが、何が相続財産として残されており、何を相続することができるのかという問題です。

相続財産というと預貯金や不動産・株式というようにプラスの財産のイメージが強いですが、一方で負債や借金などのマイナスの財産もあります。

また、一口に不動産と言ってもその価値はどのように算定されるのか、株式の価値はいつ時点のもので算定されるのかなど、遺産分割協議の際に問題となってきます。

財産の価値を正確に算定しないままに何となくで相続を行うと後々不公平感を感じた相続人によって訴訟を起こされるというトラブルの可能性もあります。

また、マイナスの財産しか残っていない場合には相続放棄という選択肢も出てきます。

この相続放棄は、読んで字のごとく、財産を相続する権利を放棄することができるという制度になります。

こちらの相続放棄については3か月以内という期限が付いていますので相続放棄を検討されている方は注意が必要です。

遺産の分類や相続放棄等について詳しくは以下ページへ

『遺産の分類とその相続方法【遺産相続の基礎を徹底解説!】』はこちら>>

3.どう分けるか?(遺産分割の方法)

最後に誰にどれだけの遺産を相続するのかという「遺産分割」が残ります。

例えば、遺産が預貯金だけで、綺麗に法定相続分で分割することができれば問題は一切ありません。

しかし、不動産や土地など簡単に「分割」することができない財産が相続財産に含まれている場合には簡単に「遺産分割」を解決できないという問題もあります。

世帯主が亡くなった際などにはほぼ確実にこの不動産の相続が発生するためにトラブルの原因となります。

こうした事態に備えて、遺産分割に際してどのような分割の選択肢があるのかを知っておくことが重要になります。まずは遺産分割そのものの知識を付けておきましょう。

遺産分割について詳しくは以下ページへ

『遺産分割協議』に関するページはこちら>>

遺産分割がよくわからないという方へ

 我々、奈良相続・遺言相談センターではこうした相続や遺産分割に関する悩みや疑問をお持ちの方に向けて、無料相談を実施しております

当事務所の相続に専門特化した司法書士・行政書士が親切丁寧をモットーにお話をお伺いいたしますので、是非一度ご相談にお越しください。

無料相談について詳しくはこちら>>

無料相談をご希望の方は0120-324-575までお電話ください。

土日祝日も応相談ですので、まずはお電話でご予約ください!

よくご利用いただくサポートプラン

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記|勇…

  • 不安を解消し…

  • 相続登記|他…

  • 相続登記・相…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP