• 近鉄新大宮駅より徒歩1分
面談はこちら 無料相談受付中

0120-324-575

受付時間9:00~19:00(土日祝は要相談)

【奈良 相続登記】仮登記が残っている状態での相続登記をサポートしたケース

状況

亡おじい様名義の相続登記の相談に来所されたAさん(女性・40代)でしたが、不動産の内容を確認すると、30年以上も前に登記された死因贈与に基づく始期付所有権移転仮登記が残っていることが判明しました。

また、仮登記名義人のうち一人はすでに死亡しており、仮登記の権利証も無い状況でした。

司法書士の提案&お手伝い

仮登記が残ったまま相続登記のみを行うことはできますが、そのままにしておくと将来その不動産を売却しようとした際に、実際問題として売り手がつかないため後々処分に困る不動産となってしまいます。

時間が経過すればするほど登記手続きは煩雑になりますので、今回の相続による所有権移転登記とあわせて仮登記の抹消登記もできるようご提案させていただきました。

結果

実体上は条件不成就により権利が消滅している仮登記でしたので、既に死亡している仮登記権利者の相続人調査を行い、関係者に事情を説明する文書を送りました。

中立的な立場である司法書士がわかりやすく説明したことで、関係するすべての方にご納得していただくことができ、仮登記抹消に必要な書類をスムーズに整えることができました。

相続による所有権移転の登記だけでなく、無事に仮登記の抹消登記も行うことができ、不動産に関するAさんの将来の不安も取り除くことができました。

よくご利用いただくサポートプラン

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記の義…

  • 相続人間で意…

  • 家族信託を通…

  • 相続手続き|…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP