• 近鉄新大宮駅より徒歩1分
面談はこちら 無料相談受付中

0120-324-575

受付時間9:00~19:00(土日祝は要相談)

【奈良 遺言】公正証書遺言で財産の一部を団体へ遺すケース

状況

相談者 Aさん(女性・70代)は、ご自身の終活をされており、自身の死後、財産の一部を寄付したいとのご意向でご相談にご来所いただきました。

司法書士の提案&お手伝い

相続人は、嫁がれている娘さんお一人で、ご自身は早くに離婚をされており、子育て期間中はとても苦労をし、また体も弱く、食にもかなり気を使いながら生活をされてきた経験から、これらの問題や課題解決に取り組んでいる団体に寄付したいとのご意向をお聞きしました。そこで公正証書遺言をご案内させていただきました。

ご希望の寄付先団体の実態、寄付を受け付けてもらえるかなどの調査をし、特に問題ないことをご説明させていただきました。

また、遺言執行者についてもご説明させていただき、専門家の下でスムーズに手続きができるという理由により弊所を指定いただきました。

上記内容を踏まえ、公証人、ご本人と打ち合わせを重ね、最終文案ができあがりました。

結果

公証役場にて、Aさん、弊所証人2名立会いのもと、公正証書遺言が完成しました。
これで死後の憂いがなくなり、これからは安心して過ごせるので、とても満足しているとのお言葉をいただきました。

よくご利用いただくサポートプラン

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記の義…

  • 相続人間で意…

  • 家族信託を通…

  • 相続手続き|…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP