• 近鉄新大宮駅より徒歩1分
面談はこちら 無料相談受付中

0120-324-575

受付時間9:00~19:00(土日祝は要相談)

【奈良 相続手続き】前妻との間に子供がいたケース

状況

相談者 Aさん(女性・30代)の父親が平成24年に亡くなり、当時Aさんの母親が手続きを進めていましたが、前妻との間に子供が1名いることがわかり、手続を断念した経緯があり、今回解決したいとのご意向でご相談にご来所いただきました。

司法書士の提案&お手伝い

まず、相続人を確定するために戸籍を収集しました。
その結果、相続人は相談者Aさん、Aさんの母親、前妻の子のBさんの合計3名でした。

続いて、Bさんに相続手続きに関する協力依頼文を送付することを提案、書き方をアドバイスさせていただき、AさんからBさんに送付していただきました。

Bさんから条件付きで協力するとの返信があったので、条件面につきAさんと検討させていただいた結果、代償金を支払うことを提案させていただき、その旨の内容の文書につき、当事務所のアドバイスをもとに、AさんからBさんに2回目の文書を送付していただきました。

Bさんからその条件で手続きに協力するとの返信があり、当事務所にて捺印していただく書類を作成し、協力のお礼の文書と一緒にBさんに送付しました。

結果

Bさんから捺印書類等の必要書類が返送され、Bさんへの代償金を支払いの上、名義変更手続きを当事務所にて行い、無事に手続きを終えることができました。
Aさんから「何年も悩んでいたことが今回解決できて救われました」とのお言葉をいただきました。

よくご利用いただくサポートプラン

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続登記の義…

  • 相続人間で意…

  • 家族信託を通…

  • 相続手続き|…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP